社会への影響を考える | まさかの避妊失敗をカバーしてくれるアフターピル通販について

社会への影響を考える

サングラスをかけている女性

最近は「でき婚」という言葉をよく耳にするようになりました。結婚する前に妊娠が発覚し、その妊娠が理由で籍を入れるというものです。ここ数年は一般の方だけでなく、有名人カップルの多く「でき婚」をするというケースも増えてきました。これは決して悪いことではありません。妊娠がきっかけで結婚をし、幸せになっているカップルは多くいます。特に日本は少子化ですので、子供ができるということは社会にとっても非常に良いことです。ですが、その一方で「でき婚」が幸せに結びつかないケースも少なくありません。望まない妊娠でできた子供に対しての虐待などが年々増加しているんです。
「でき婚」は悪いことではありませんが、やはり順序としては間違っています。親が親になる準備や覚悟ができていないのです。ですから、虐待のような痛ましい事件が多発してしまうんです。
それを少しでも減らすにはやはりアフターピルを有効に利用する必要があるでしょう。アフターピルを利用することで、望まない妊娠を減らし、結果として虐待を減らすことへつながるはずなんです。
なかなかアフターピルの利用者が増えない理由は、入手方法が限定されていることが大きな要因でしょう。今は病院での処方かインターネット通販です。でも、実際に病院に避妊に失敗したからアフターピルを処方されにいく女性がどれだけいるでしょうか。ほとんどいないはずです。しかも、事前に貰うことはできないんです。つまりアフターピルを入手できるのは、必然的にインターネット通販だけなんです。
よりアフターピルを手軽に入手できるようになれば、望まない妊娠を減らし、結果的に虐待を減らすことに繋がるはずなのです。