タイムリミットは72時間

sorting pills

アフターピルという言葉は知っていても、実際にどういうものかが分からない方も多いので、アフターピル通販を利用する前にアフターピルについて知っておきましょう。
アフターピルは本来は産婦人科で処方されるものです。保険が適用されないので、料金は各医院の裁量で決められます。アフターピル通販のほうが安く買える場合が多いので、できればあらかじめアフターピル通販で買っておきましょう。
妊娠は子宮内で受精卵が着床することで成立します。アフターピルはセックスから72時間以内に服用することで排卵を遅らせたり、着床を防ぎます。排卵がされない場合は受精卵ができませんし、仮に受精卵ができてしまっても着床さえ防げば妊娠はしません。アフターピルの主成分は女性ホルモンで、そのホルモンが妊娠を防いでくれるというイメージです。
短時間で大量の女性ホルモンを取り込むので、副作用として吐き気や頭痛をもたらします。吐き気がするからといって嘔吐してしまうとアフターピルの意味が無くなってしまうので、吐き気止めと併用するなどの対策を取りましょう。

アフターピルでの避妊が成功したかどうかは出血で判断するしかありません。成功の場合は3日後~3週間の間に減退出血という出血がおこります。これが確認できて成功ということになります。出血がない場合は妊娠検査薬で確かめることになります。
先述の通り、アフターピルは時間との戦いで、行為の直後に服用することが望ましいです。必ずアフターピル通販で事前に購入しておきましょう。たとえ正しい避妊を行っていても、コンドームが破れない保障はありません。より深い安心のためにアフターピル通販はあります。